私が新社会人になって学んだ事について

皆さんは、新社会人になって働き始めた頃の事を覚えているでしょうか?

新社会人と言えば何もかもが分からないことだらけで、戸惑いながらも新たな生活をスタートさせる事になる訳ですが、不安ばかりではありません。

新社会人になって働き始め、様々な事を誰もが学ぶと思います。私も新社会人になった頃は、学校では学べないとても沢山の知識や社会的マナーなどを学びましたね。

私が新社会人になって一番に学んだ事は、目上の人との接し方や礼儀作法などでした。

新社会人として仕事を始めると必ず上司となる人とコミュニケーションを取る機会がありますが、私は新入社員歓迎会がきっかけで目上の方に対しての礼儀作法の大切さを強く感じる事が出来ました。

これから共に仕事を頑張っていく上で、上司との信頼関係はとても大切になっていきますからね。

新入社員歓迎会の時は、最初の方は緊張でガチガチでしたが、上司の方が上手にエスコートしてくれて緊張をほぐして頂きました!とにかく言葉遣いに気をつけながら、初めて会う方々の名前を覚えようと必死になっていた事を今でも覚えています。

まずは相手の名前を覚えるのが、コミュニケーションを取り合う上でとても大切ですからね。

新入社員になってスタートした初めての仕事の中でも、とても大切な事を学ばせて頂きました。それは仕事に対する責任感の重要さです。

責任感を持って仕事に打ち込む事は当たり前なのですが、今までの学生時代では経験出来ない程の大きな責任感を仕事を行って感じました。

責任感をしっかり持って仕事に打ち込むからこそ、他の方に迷惑をかけない仕事が出来ると思いますので、これからも強い責任感を持って仕事に臨みたいと考えています。

また、社会人になるとお金の管理も自分自身で行う事になりますが、お金の大切さも身に染みて実感出来ましたね。

今まで当たり前の様に貰っていたお小遣いですが、お金を稼ぐという事の大変さを新社会人になって知り、自然と無駄遣いをしなくなっていましたね。大切なお金だからこそ、しっかりと計画を立てた上で使わなければならないと、新社会人としての生活の中で学びました。

皆さんも一度、新社会人なりたての頃の自分を思い出して見るのも良いかもしれませんね。

関連記事